EVENT

Jazz Live
harumi & Down Under
2014年2月22日(土)

20140202 羽田.png
open 19:30 / start 20:00 2ステージ 入れ替えなし
ticket \1,500(1ドリンク別)
※入場時、別途\500(ドリンク代)ご用意お願いいたします。

4ヶ月振り、2回目となる"harumi & Down under"!!

素敵な音楽に酔いしれ楽しみましょう~。


ご予約・お問い合わせ
0776-27-6101 福井北ノ庄クラシックス

After Valentine live
vita & feel4 10th anniversary
2014年2月16日(日)

20140216.ゴスペルHP.png
open 13:00   start 13:30
ticket \1,000 (ケーキ & コーヒー or 紅茶付)

福井で活動されいてる本格派のゴスペルグループです!
迫力ある歌声は圧巻です!
皆で大いに盛り上がりましょう!!


お問い合わせ
0776-27-6101 福井北ノ庄クラシックス

Yuji ochiai×Nanae Katayama
Saxophone Duo Recital
2014年2月14日(金)

改jpg


開場 18:30   開演 19:00
全席自由
一般¥2,000  
高校生以下¥1,500

pf 森舞   賛助出演: T.sax 煙谷惇  B.sax 小川卓朗

PROGRAM
ディベルティメント/P.アルマ
24のデュオop.186より/ケックラン
チェイサー/星出尚志
パガニーニ・ロスト/長生淳
彼方の光/村松崇継  他

バレンタインデーの夜、優しい音色が響きます。

主催: SSD実行委員会
チケット取扱い: 株式会社鳥山楽器  株式会社西村楽器micc本店

お問い合わせ:090-9760-7371(片山)  090-7465-9004(落合)

在宅医療の「未来」を考えるシンポジウム
2014年2月2日(日)

20140202.png
開始 : 10:00  
参加費: 2,000円 (昼食付) / 要申込

最期まで家で暮らす。
あたりまえだけど、だからこそ、そんなちょっとした『ぜいたく』があってもいい。

福井は幸福度NO.1の県です。そんな福井は「最期まで自分らしく過ごす」のに最適なはず。
在宅ケア王国福井をめざして、在宅ケアの「未来」について語り合いませんか?
市民と、在宅ケアに取り組む専門職が、手を取り合って一緒に地域を創りましょう。

10:00~ シンポジウム
「それぞれの立場で"死"を考える」
 誰にも必ず訪れる、死。しかし、それを語ることは日本ではタブー視されてきました。
 死とは何なのか?どんな捉え方があるのか?臨床における様々な分野の4人が、ついに
 そのドアを開きます!

 シンポジスト
  在宅医療専門医 紅谷 浩之
    地域看護師 川瀬 佳苗
    臨場心理士 水上 喜美子
    臨場宗教師 木下 克俊


11:30~ ランチョン交流会
 「今日の参加者は明日の友」
  安心して暮らせるまちをめざして、ランチを食べながら「顔の見える関係」をつくりましょう!
  気軽に話せる仲間が増えれば、いろんなことがつながります。


13:30~ トークバトル
 「福井から創ろう!ぜいたくで幸せな地域」
  全国各地より最先端の取り組みを行うプロフェッショナルと、情熱あふれる熱い福井人が、
  その活動と想いをぶつけ合う!熱いトークバトルから「福井の未来」が見えてくる!

ROUND1『これからの障害者支援とは』
  【福祉楽団】飯田 大輔 from千葉!
   福祉×農業×クリエイターの新しい取り組みである「恋する豚研究所」。
   地元の豚肉と塩でハムやソーセージを作り、障害のある人の働く場を創出し、賃金によって
   地域で最活できる仕組みを生み出している。
  
  【福井県総合福祉相談所】光真坊 浩史
   地域に重度の障害をもった方が過ごすことができれば、誰でも過ごすことができる。
   「重度の方こそ、地域に帰れる」。そんな地域を創りたい。福井から全国へ!

ROUND2『地域に向けた新たな取り組み』
  【Life on Vital Element】多江 和晃 from東京!
   「最期まで在宅で暮らせる環境を提供したい」。土日祝日も運営する看護ステーション。
   「人こそすべて」との考えで人材育成や労働環境整備を行い、看護訪問の魅力を全国に
   発信している。

  【ケアセンターこころ】濱本 真由美
   熟成期に入った介護制度の真価を問う。今の介護制度は果たして困った人を支えれらるのか?
   「困った人に手を差しのべる」。それが福祉の原点。
   「あたりまえのことをあたりまえに行う」。それが私たちの『こころ』です。

ROUND3『私たちが創る!ぜいたくな地域』
  【TsuBameYa】福村 美紀子 from石川!
   噛むこと、飲み込むことが苦手な方に、食事を個別対応で提供するレストラン
   「TsuBameYa」。諦めていたその『一口』が記憶の扉を開け、表情を活き活きとさせる。
   そんな贅沢な瞬間を味わう日々。

  【ケアフレンズ】脇屋 和美
   「大好きなこの街で、最期まで自分らしく暮らし続けたい」。
   そんな当たり前の願いを叶えたい。介護事業を始めて14年、「優しい街作りに
   貢献すること」を掲げ、目の前の一人一人と真摯に向き合い、多くの糸が紡がれ、
   活動の輪が広がってきている。 


お問い合わせ:ふくいまちケアプロジェクト
   (事務局:オレンジホームケアクリニック内 担当:西出)
TEL:0120-960-263  FAX:0776-21-3353  メール:machi_care@yahoo.co.jp
http://orangeclinic.jp/index.html

どなたも気兼ねなくご参加できるよう、面白い形式をとっているみたいですよ。
他人事ではないお話。この期に向き合ってみるのもいいですね。